るぽの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
自己抜管について
ゆめのんさんへのコメントを書いていたら、文字数オーバーでコメントできず(>_<)

これはゆめのんさんへコメントできなかった
るぽからのコメントです。

るぽの病棟では
脳槽Dなんて入っている患者さんはよっぽどクリアじゃなければ両上肢抑制ですね(^^;)挿管してる患者さんも抑制するかな・・・
抑制をするときは抑制が必要かどうか判断するスコアがあって 何点上で抑制ってやってます。その評価表を使うようになってから自己抜管はかなり減りました。
けど、ただ末梢入ってて点滴も抗生剤くらいの方には抑制は使用せず
「なんどでも抜け~何度でも刺してやるから( ̄ー ̄)次は18Gあたりいかがかしら?」
くらいの気持ちでやっていかないと抑制帯が足りない・・・じゃなくて患者さんの倫理上よくないですよね
救命病棟なんて、入院日当日は 自己抜管リスクがある方はほぼ全員だとるぽは思います。
抑制をするかしないか難しいところです。

寝ている間に蚊にさされたところが痒くて
掻きむしってしまうことってあるように
患者さんも同じですよね
抜いちゃだめって分かっていても管って不快感があるから
ついつい抜いちゃう。
「抜きたくなったら抜く前にナースコールで教えてくださいね、相談してくださいね」
って伝えていても教えてくれる方はほとんどいません・・・
たまに事後報告のコールをくれる方はいらっしゃいますが(^^;)
患者さん「これ抜いたけど、よかった?」って。
るぽ「あかんに決まってるでしょ(>_<)!!」
患者さん「ごめんごめん あはは」
  ・ 
  ・
  ・
患者さんの倫理も大切だけど
その管を抜いてしまうことで生命にかかわることもあって
脳の手術後に入ってくる脳槽ドレーンなどは

「もぅ!!抜いたらあかんてゆうたやんかよ~^^;」
じゃ すまない
緊急OPEへ出棟です
実際に、ある病院で患者さんが抜いてしまって死亡した例があるとかないとか・・・

不穏患者さんとの戦いは準夜終わり~深夜にかけて。
仕事が終わって
 ネムネムの頭で書くリスクレポート
これが又つらいんですよね・・・(^^;)

人気blogランキングるぽのブログ応援ヨロシクお願いしま~す(^^)♪
  ぽちっとしてくれるあなたのおかげで100位台!! 
  どうもありがとうございます 
  ぜひ足跡残していってくださ~い(^0^)/~





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブレスブログリングトップへ リスト ランダム 戻る 次へ ブレスブログリングトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。