るぽの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
どうしてもタバコが吸いたい
10Lの酸素を一時中断してまでタバコを吸っておられたOさん。

Oさんは肺がん末期の方で呼吸困難があり酸素を吸入されていました
ベッドから起き上がるのもしんどいのに
「たばこは生きがいなんや。こんだけ吸うてたからほらこんな病気になるわな。まぁやりたいことやって死ぬんやから、それはそれでええやろ?」と話されていたのがとても印象的でした

とてもお話好きの方で、野球の話や酒の話でよく盛り上がりました
お部屋でコーヒーをごちそうしてくださったこともありました


呼吸困難が強くなってくると「酸素がどこかで漏れてるんちゃうか」と酸素のせいにして病状の悪化を認めることができずにいました
それでも亡くなる2日前までたばこは吸い続け
今日の明け方永眠されました

Oさん、どうぞ安らかにお眠りください




緩和ケア病棟ではできる限り患者さんの望む生活ができるような
援助をします
Oさんのようにタバコを吸うことを生きがいとされている方ならば
病室でのタバコも許可しています
タバコを吸うことで呼吸困難が増強するとわかっていても
タバコを吸いたいという気持ちを出来る限り尊重し
緩和スタッフが呼吸困難の緩和に努めます

呼吸困難のコントロールとして
お薬をつかって、そばによりそって
「やりたいことをやって死ぬんや」といいながらも病状の進行を、死をうけいれることはできていなかったように思います

死をうけいれる
ってことばでいえば一言ですが

経験したことない死をうけいれることってできるもんなのかなって思ってしまいます
怖いよだって・・・。

それでも実際患者さんの中には「受け入れができている」ようにみえる方がいらっしゃるんです
どうしてできたんやろ?
どうすればできるようになるんやろ?
本を読めばそれなりのことは書かれていますが
緩和ひよこナースにはわかりません
まだまだこれからです



2つのブログランキング参加中♪(^^)




気がむいた時にクリックしてやってください
ランキングあがっていくと
やっぱり励みになります(^^)
るぽのブログ応援おねがいしま~す♪ヾ(^Д^*)ゞ   
 


banner2.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
緩和ケア病棟 うちにもあります
でも私はまだまだそんな患者さんといえ、死ぬのに期限があるよ といわれた方とどうやって接していったらいいのか 分かりません。
だからそんな病棟のナースとしてはまだまだ働ける自信はないです。

自分をうまくコントロールできない私が 人に対してどうのこうのできるって まだまだ修行が足りないきがしてます。

でも話を聞く それだけでも
なにかしてる という事になると
思えるようにもなってきました

なにかしようって思わなくてもそばにいるだけでいい という事もありますものね

うーん、看護師の仕事は本当
毎日多くの事を学びますね
2006/05/11(木) 15:19:03 | URL | えこ #-[ 編集]
えこさん
ほんとう毎日が勉強です
呼吸困難のある患者さんの
胸にそっと手をあてるだけでも
信頼関係がなりたっていれば
苦痛の緩和をとるひとつの方法になります
が関係が不十分だと側に寄り添うことも難しくなります
4月に移動し早1ケ月
ようやく患者さんとの関係を築くことができるようになってきました
患者さんがつらい時に
【そばに居させてもらうことができる】
これまでナースをしていて
こんな風に感じたのは初めてです。
2006/05/11(木) 17:10:41 | URL | るぽ #4jeLTJQM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブレスブログリングトップへ リスト ランダム 戻る 次へ ブレスブログリングトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。