FC2ブログ
るぽの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
患者さんから教えていただいたこと
・゜`☆、。・:*:・゜`★*ロディ子の旅行記今日はお休みです*:・゜`☆、。・:*:・゜`★* DSC03600.jpg
・゜`☆、。・:*:・゜`★*.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★*.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★

るぽの受け持ち患者さんSさんのお話。

妻に知って欲しくない情報がメディアから流れてくるから一緒にテレビをみている時だと困ってしまう。ぎくしゃくしてしまう。だからチャンネルを変えてさっきケンカをしてきた

デイルームで小さくなって座っているSさんの旦那さんを
みつけたので(よく肥えていていつもは大きな身体が半分以下にまでちっちゃくなっていました^^;)
声をかけると
そんな風に話されました  


そのSさんの奥さんはしっかり自分のに向き合おうとしている方だったので
みせないようにすることよりも奥さんが望むのであれば一緒にいろんなものをみたりきいたりしてお互いにどう思ったかをその都度話し合っていってみてはどうですか(^O^)とお伝えしました。
また以前に
Sさんがになってから家族や友達との付き合いでの悩みをるぽへ泣きながら話されたことがあり、その時に「一度だけでいいからこんな風に何も考えないで大声で泣いてみたかった」
「主人には“気のせいだよ”とか“そんな風に考えているとよけいに悪くなっちゃうよ”とかはぐらかされちゃうから弱音が吐けへん。たまには最期まで話をきいてくれたらええんやけど」と、Sさんがおっしゃっていたことを伝えました

旦那さんは
「そんなこと言うてたかぁ・・・。聞いてあげられたらええんやけど、僕が弱いからねぇ。悲しい話は聞かれへん。どうしても逃げてしまうんやわ。これからできるようにがんばってみるけど、多分うまいことはできんわ~」
と話されました。

Sさんご家族のお話を深くきいていくうちに
Sさんが旦那さんに弱音をはくことがなかったし
旦那さんもそれをきくことがなかった
また、お子さんたちに対しても弱音ははかない
そんな風に10年以上つらい時も笑顔でがんばってこられた
奥さんでありお母さんだったことがわかりました

これまでるぽは
家族はつらい時には何でも話し合って支えあっていけるのが
一番いいことだと思っていました
だから旦那さんにも、そんな風に声をかけてしまいました

しかし、Sさんは旦那さんに聞いてほしいとおっしゃる一方で
旦那さんやお子さんに心配をかけたくないという思いも強くもたれていました
だから旦那さんには直接言わずにるぽに吐き出してくれたんだと思いました

それからは
そして旦那さんの“きいてあげたいけどつらくてきけない”という気持ちに配慮し、このご家族が望まれたため
Sさん、旦那さんやお子さんと時間のある限りお話をして橋渡し的な役割になりました

最期までSさんは旦那さんやお子さんの前では弱音をはかないしっかりした強い妻・母であり続けました
痛い・苦しいをおっしゃることなく
最期はご家族を集められて
「お薬で寝かせてもらっていもいい?」
と話されセデーションを選択され眠るように旅立たれました


途中からはSさんの「こうありたい」という【Sさんらしさ】を支える看護ができたんじゃないかなぁと思います
が、最初るぽの考えを“押し付け”てしまったのは失敗です
Sさんの旦那さん申し訳ないです本当にごめんなさい(>_<)



↑応援クリックよろしくです(^O^)★おかげ様でランキング200位まであがってきました
banner2.gif


スポンサーサイト
ブレスブログリングトップへ リスト ランダム 戻る 次へ ブレスブログリングトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。