FC2ブログ
るぽの日記
看取り
今回のことは看取りについてとても考えさせられました

緩和ケア病棟では何よりも患者や家族そして故人や遺族の気持ちを大切にしてくださっているのを感じ取ることができました 

モルヒネを使用していたため身体的苦痛(呼吸困難感)を緩和できていたように見え、
お父さんも「苦しそうでみているのがつらかったけど、薬で眠らせてもらえておばぁちゃんも楽そうでいい」と話していました。


未告知でしたが、おばぁちゃんなりに悟っていんだとおもいます。
亡くなる1週間ほど前くらいからおばぁちゃんは家族への感謝の気持ちを話したり、彼とるぽの結婚に対しておばぁちゃんががしたいとおもっていることを息子であるお父さんへ伝えることができておりお父さんも「おばあちゃんの言ってることは全部俺がやるから安心して」との言葉をかけていました。

おばぁちゃんの「家へ帰りたい」という希望をかなえてあげられなかったことが家族全員の心残りでしたが、生前・死後ともに十分なケアを受けることができたおかげで、おばあちゃんを自宅で看取ることができなかった心残りもずいぶん癒されることができたと、お通夜の夜に家族で話題にすることができました。


るぽの働いている救命病棟でも、緩和のような看取りができればいいのですがなかなか難しい状況にあります
交通事故や不慮の事故、救急車の中や救急救命センターで迎える死・・・
死にゆく自身も、残される者も共に心の準備や死にゆく支度ができないまま死を迎えることになります


面会制限があり、静かで家族だけですごす空間の確保が難しく、
モニターやたくさんのME機器に囲まれて最後の時を迎えるんです

緩和病棟と救命センターでは入室される患者さんの対象が全く違うので比べることはできませんが
救命病棟での看取りについて
何ができるのか考えさせられます


Lupoのトラックバックテーマ:「看取りについて」 
どんな風に看取りたい、看取られたい
家での看取りや病院・救急センターでの看取りなど
ご意見くれるとうれしいです(^^)
よろしくお願いします


ランキング←気がむいた時にクリックしてやってください
   
banner2.gif





スポンサーサイト



ブレスブログリングトップへ リスト ランダム 戻る 次へ ブレスブログリングトップへ